ミドリムシとクロレラの違いを解説

ミドリムシとクロレラの違いを解説

同様に緑の色をしいて、藻の一種でもあるミドリムシとクロレラとは、どのように違うのでしょうか?

 

クロレラとは、葉緑素を持っていて、光合成をする健康食材としてもずっとミドリムシより有名なのです。

 

直径約2〜10μmの大きさのクロレラに対して、約30μm〜100μm、幅約10μmの大きさがあるのがミドリムシなのです。

 

ミドリムシとクロレラを比べると、長さが数十倍であり、面積では、3、000倍という差があるのです。大きさが異なる分、豊富な数の栄養素が含まれていることが分かるのです。

 

また、クロレラというのは、植物プランクトンのため、食物繊維が豊富になのです。ミドリムシは、栄養バランスと豊富な栄養素が優れているのみでなく、動物性の栄養素も含まれているのが特徴なのです。ミドリムシとは、植物でありながら動物でもあるといった一面を持つため、動物性・植物性の二つのメリットを受けることが可能となるのです。

 

不飽和脂肪酸であるDHA・EPAという栄養素は、動物からのみ摂取することができないので、植物のクロレラで摂取することができないのです。

 

その他、クロレラは、植物のため細胞壁があるのです。この細胞壁というのは、栄養素の吸収を妨害してしまうため、クロレラが本来持っている栄養素を十分に吸収することができないのです。

 

しかし、ミドリムシは細胞壁を持っていないので栄養を十分に吸収することができて、約93.1%もの豊富な栄養素を吸収することが可能なのです。

 

こういったように大きな相違点を知ることによって、今まで体の健康維持や向上のためにクロレラを使っていた人も、ミドリムシに変えるかもしれませんね。